検索を制すれば、わからない事がほぼ無くなる!検索テクニックまとめ
Pocket
LINEで送る

今の世の中、ネットで検索すれば分からない事がないと言うほどインターネットが普及してきています。

ショウゴショウゴ

ちなみにネットで検索する事をググると言います。

ネットビジネスで必要な「検索テクニック」を纏めました。

「検索を制すれば、ビジネスを制す?」と言っても過言ではない時代になって来ていると思います。
そして、検索する癖を付ける事で、自分で調べ、解決でき、人に聞くより効率的だと思います。

ちなみに私ですが、検索することが得意なので、Amazon Echoみたいな感じで、使われます(笑)

検索のコツをまとめたので、是非、自分のスキルアップにご利用下さい♪

 

検索演算子を使って検索する

検索演算子とは?

検索するキーワードに付ける事で特殊な検索や範囲の絞り込みなどが出来る文字列や記号の事です。
検索したが、もっと欲しい情報を得たい場合に使います。
これだけ知ってると検索のプロになれると思いますよ。

複数語検索(AND検索)

一般的によく使われているの複数語検索(AND検索)です。

複数のキーワードの間に、スペース(空白文字)を入れて検索します。(例:ダイエット 食事)

 

入力した全てのキーワードが、含まれているサイトを表示します。
例えば、「ダイエット」と1語で検索した場合、
ダイエットの方法、ダイエットで良い食事、ダイエットに良い運動など

様々なサイトが検索結果として表示します。

 

しかし、たくさんの情報だと探すのが大変ですので、
複数語検索(AND検索)で検索します。

例えば、「ダイエット 食事」と複数語検索(AND検索)で検索すると
「ダイエットの食事」に関するサイトが表示します。

 

さらに、「ダイエット 食事 コンビニ」と検索すると、3つのキーワードがあるサイトを検索結果として表示します。

複数語検索(AND検索)とは、情報を絞って検索したい時に使用します。
そして、キーワードを入力する順番ですが、重要な単語順に並べます。

例えば「ダイエット 食事」と「食事 ダイエット」では検索結果は変わってきます。

フレーズ一致検索

「ダイエットに良い方法」を入力し検索した場合、
ダイエット、良い、方法と3つのキーワードに分解されて検索します。

「ダイエットに良い方法」だけを検索した場合は、
キーワードの前後に「”」を入力し「”ダイエットに良い方法”」で検索します。

コレをフレーズ一致検索と言います。

OR検索

OR検索とは、指定した複数のキーワードのうち、どれか1つでも含まれていれば検索結果に表示します。

「スカイツリー OR 東京タワー」で検索すると、いずれかのキーワードを含むサイトを見つけることができます。

GoogleとYahooでは、指定する演算子が違います。
GoogleでOR検索する場合は、「OR」は大文字で、キーワード間に「スペース」を空けて入力します。
Yahoo!JapanでOR検索する場合は、「+」で、キーワード間に「スペース」を空けて入力します。

Google    例「スカイツリー OR 東京タワー」
Yahoo!Japan  例「スカイツリー + 東京タワー」

Not検索

例えば、「香川」と入力し検索した場合、香川県のサイト、香川真司のサイトなど検索結果に表示します。

「香川真司」は検索結果に含めない場合、「香川 -香川真司」と入力します。

除外したいキーワードの前に「-」を入れると、そのキーワードを含まないサイトが検索結果に表示します。

知らない言葉を調べるときは「とは」

ネット用語で分からない言葉が出てきた時に、使うのが「~とは」です。

分からないキーワードの後ろに「とは」と入力して検索します。
必ずしも検索結果に表示するわけではないですが、辞書サイトなどが検索結果に表示します。

これは、辞書サイトでは、「とは」を付けて検索されやすいようにしているそうです。

使い方などを調べるときは「~方」

「とは」検索に似ていますが、調べたいキーワードの後ろに「方」を入れて検索します。
検索結果に、使い方、やり方、方法などが表示します。

まとめを探すには、「まとめ」

まとめ・比較サイトを探すには、キーワードの後ろに「まとめ」を入力して検索します。
さらにまとめ・比較サイトで調べると自分で一から探すより、誰かがまとめているので、このサイトから新しいキーワードで検索できます。

日本語以外で検索

インターネットは、日本だけでなく、世界中で利用されています。

英語で検索した場合、英語圏のサイトが表示します。
Googleで英語圏のサイトを検索する場合には、
【設定】-【言語(Languages)】をクリックします。

 

【検索の設定】画面で
①【Engilsh】をクリックします。
②【保存】をクリックします。

日本語で検索しても見つからない場合は、英語で検索してみると何か見つかるかもしれません。

 

どんな言葉だっけを調べる「*」検索

映画のセリフ、歌詞などで、部分的にわからない時ってないですか?

わからない部分にアスタリスク(*)を入力して検索することで、分からない部分を検索することができます。

転売ビジネスにオススメの検索方法。Google画像検索

転売ビジネスをしている方にお勧めなのがGoogle画像検索になります。

画像を使って、よく似た画像を検索してくれます。

例えば、ライバル出品者が出している商品画像を使って、
どのネットショップから商品を仕入れているか調査できる
のがGoogle画像検索になります。

以前、私が中国から輸入していたときによく使っていました。

やり方は、
Google検索画面の右上にある【画像】をクリックします。

 

Google画像検索画面になります。

 

検索したい画像をGoogle検索画面の検索ボックスへドラックアンドドロップします。
例:ヤフオクの画像から画像検索する場合

 

似た画像があるサイトが表示します。

 

まとめ

これだけの便利なテクニックを使いこなせば、大抵の事は自己解決できると思います。

ネットビジネスでは、ネットで検索するテクニックは必須です。

私だけではなく、ネットで実績を出している方は、このテクニックを得ていますので、ぜひ身につけて下さい。

「他にも便利なテクニック知ってる!」という方いましたら、ぜひコメント下さい。調べてアップ致します。

さらに、無料オンラインサロン「WEB集客サロン」で、
リスト取り、ブログ集客、あなたの商品(ノウハウ)を
Google広告、Yahoo広告と成約率が良いランディングページで集客・売上UPする方法を定期的に配信中!

▶無料オンラインサロン『WEB集客サロン』参加はコチラ

Pocket
LINEで送る