もうPDCAでは最短で成果を出せない!最短で成果を出すDCAPサイクル
Pocket
LINEで送る

誰でも効率的に失敗を繰り返さない仕事をしたいと思ってると思います。
そこでよく企業で導入されている方法が「PDCA」です。

しかし、私たちみたいにネットビジネス、起業家を目指す人には「PDCA」は、無理があると思うんですね。

なぜかと言うと…

最初のP(計画)で、

「何をする?」「何が起きる?」「どうなるの?」って考えると、期限を決める事が出来ないし何も進まないと思うんです。

そもそも分からない事をするのに、計画って立てれないじゃないですか。

ショウゴショウゴ

失敗を繰り返さない為に重要なのが「PDCA」なんですが、
進まないとなると、意味がないですよね(笑)

PDCAサイクルの意味と重要性

PDCAとは「Plan(計画)」、「Do(実行)」、「Check(評価)」、「Action(改善)」の頭文字をとってます。業務を効率する事を目指す方法になります。計画から改善までを1サイクルとして行います。

PDCAで重要なのは、実行した後、成功や失敗のどちらでも評価を行い、改善につなげていくことになります。

そうする事で「大きな成果」につながる事もありますし、「繰り返し同じ失敗をしない」方法を見に付けて行きます。

そして、定期的にPDCAサイクルを回して、完成度を増していく方法になります。

 

 

ネットビジネス初心者はPDCAは回せないし無理!

まず、P(計画)を立てろと言われても、やった事がない、経験した事が無いので

計画は立てられないですよね。
経験した事でP(計画)を立て、Do(実行)に移せます。

どんな分野でも同じです。
初心者にはP(計画)は立てれないんですね。

ましてや、ネットビジネス初心者になると

日々、新しい技術、ノウハウが出来て、ついて行けないです。

もし、あなたにメンターがいれば、一緒にPDCAサイクルと回す事で

最短で成果があがります。

しかし、初心者一人では難しいでしょう。

初心者は「DCAP」が良い

初心者の方は、まずは、P(計画)よりDo(実行)が大切になって来ます。

まずは、Do(実行)して経験値をタメて下さい。

そうすれば、自分自身の中で少しずつ判断基準・価値基準が生まれて、今後の計画が作成できます。

初心者には、最初の一歩、Do(実行)を行って下さい。

なので、順番は、

Do(実行)→Check(評価)→Action(改善)→Plan(計画)

DCAPの順でサイクルと回せば、良いでしょう。

 

 

まとめ

特に初心者は、何が起きるか、分からない恐怖心があり行動できない時があります。

初心者にP(計画)を作るのは難しし、迷って時間が掛って、それでは、最短では成果は出せないです。

とにかく、Do(実行)して経験値を向上させる方が優先順位は高く、最短で成果があがるでしょう。

多少、損しても良いと思って先ずは、D(実行)から始めてみましょ!

ショウゴショウゴ

損をしても、2回目は損しないで下さいね♪1回目の損が勿体無いんで。

ぜひ実践してみてくださいね♪

さらに、無料オンラインサロン「WEB集客サロン」で、リスト取り、ブログ集客、あなたの商品を
Google広告、Yahoo広告と成約率が良いランディングページで集客・売上UPする方法を定期的に配信中!

▶無料オンラインサロン『WEB集客サロン』参加はコチラ

 

 

 

Pocket
LINEで送る