独自SSL設定を無料でエックスサーバーで設定する方法
Pocket
LINEで送る

エックスサーバーで独自SSL設定を行う方法について解説します。
Chromeのアドレスバーに【保護されていない通信】って
出ているのを見たことないでしょうか?

URLの最初に「https」の「s」が無かった場合に、
【保護されていない通信】が表示されます。

これを見ると気味が悪いですよね。

それでは、【保護されていない通信】を消す独自SSL設定を解説します。

動画と合わせてみると、わかりやすいですよ。

エックスサーバーで独自SSLの設定を行う

まずエックスサーバーのサーバーパネルを開きます。

独自SSL設定をしたいドメインを選択し、
【設定する】をクリックする。

【SSL設定】をクリックする。

【独自SSL設定追加】をクリックする。

 

【確認画面へ進む】をクリックする。

【追加する】をクリックする。

以上で設定完了になります。

約1時間ぐらいで「https」でアクセス可能になります。

実際に確認してみる

それでは、1時間ぐらい経過した後に、「https」でアクセスが可能がどうか確認します。

今回SSL設定したドメインをChromeのアドレスバーへ入力します。

【保護されていない通信】の表示がなくなり鍵マークが表示すれば設定が反映されたということになります。

まだ【保護されていない通信】と表示する場合は、暫く時間を置いてから再度確認して見てください。

さらに、無料オンラインサロン「WEB集客サロン」で、Google広告、Yahoo広告で集客・売上UPする方法を定期的に配信中!

▶無料オンラインサロン『WEB集客サロン』参加はコチラ

Pocket
LINEで送る