WordPressにGoogleタグマネージャーのプラグインをインストールする方法
Pocket
LINEで送る

WordPressの無料プラグイン「Google Tag Manager for WordPress」を使うと、
簡単にGoogleタグマネージャーを設置する事ができます。

通常ならHTMLのBODYタグ付近へコピーしないといけませんが、
「BODYタグって何?」って方もいらっしゃると思います。

もしWordPressを使っているなら、
プラグインをインストールしてGoogleタグマネージャーのIDを入力するだけ!

これほど簡単なことはありません^^

それでは、WordPressへプラグインをインストールする所から説明して参ります。

動画も併せて見て頂くとよくわかりますよ。

Google Tag Manager for WordPress をインストール

①【プラグイン】をクリックする。
②【新規追加】をクリックする。

①【Google Tag Manager】 と入力する。
②【今すぐインストール】をクリックする。

①【有効化】をクリックする。

①【設定】をクリックする。
②【Google Tag Manager】をクリックする。

 

次にGoogleタグマネージャー管理画面を開いて下さい。

①GoogleタグマネージャーのIDをコピーして下さい。

上記画面からコピーしたIDを下画面へ貼り付けして下さい。

①Google Tag ManagerからIDをコピーする。
②【変更を保存】をクリックする。

これでWordPressへGoogleタグマネージャーの設置が完了しました。

次に設置ができたか確認する方法をご紹介します。

Googleタグマネージャー設置を確認する方法

まずブラウザはGoogle Chromeを使って下さい。

そして、Googleタグマネージャー管理画面を開きます。

①【プレビュー】をクリックする。

GoogleタグマネージャーのIDを設置したサイトを開きます。
そして、サイトを更新してください。
画面下に【Tag Manager】が表示すれば、設置完了になります。

これで設置が確認できます。

設置の確認ができたら、最後に、
【プレビューモードを終了】をクリックしてください。

プレビューモードの終了をしないと画面下に【Tag Manager】の表示がされますので忘れずに行って下さい。

まとめ

設置するだけでしたら5分ぐらいで出来たと思います。

そして最後には、必ずGoogleタグマネージャーのプレビューで設置が正しく出来ているか、確認して下さいね。

もし画面下に【Tag Manager】が表示されない場合は、
Google Chormeで再表示をするか、
GoogleタグマネージャーのIDが間違っていないか、確認して下さい。

この無料プラグインを知らなかった時は、
WordPressのfunction.phpを開いて直接Googleタグマネージャーのタグを追加してました。

間違ってしまうとエラーになってしまい、手間がかかってましたが、これプラグインのお掛けで助かってます。

ぜひお試しください。

さらに、無料オンラインサロン「WEB集客サロン」で、成約率を上げるLP作成方法、WEB広告で集客・売上UPする方法を定期的に配信中!

▶無料オンラインサロン『WEB集客サロン』参加はコチラ

Pocket
LINEで送る