Google広告アフィリエイトで売れるキーワードを広告主LPから発掘する方法
Pocket
LINEで送る

Google広告に出稿するアフィリエイト案件が決まったら
次に広告主LPからキーワードを集めます。

そのキーワードから連想類語、共起語、関連キーワードを
ツールで調べ月間検索数を調査します。

そして、集めたキーワードはExcel等へコピーして分類します。
その中から売れるキーワードを探しGoogle広告へ出稿します。

地道な作業になりますが、この方法で何回もライバルがいない
売れるキーワードを発掘してきた方法になります。

それでは、売れるキーワードを発掘する方法をご紹介します。

広告主LPからキーワードを収集

まずは、広告主LPから、メーカー名、ブランド名、商品名、
商品の型式、成分名などをExcelへ入力して下さい。

ポイントは、何も考えずに、言葉・単語をExcelへ入力します。

この作業が一番ライバルが見つけていないキーワードを
発掘する方法の近道なので地道に行って下さい。

ツールを使って連想類語・共起語を調べる

次に、広告主LPから見つけたキーワードで、連想類語、共起語を調べます。
ここで見つけたキーワードもExcelへ入力して下さい。

以下の3つのツールを利用して下さい。

連想類語辞典
http://renso-ruigo.com/

weblio類語辞典
http://thesaurus.weblio.jp/

共起語検索(googleの検索ワードtop30サイトを母集団に共起語を抽出)
http://neoinspire.net/cooccur/

集めたキーワードをキーワードプランナーで調査する。

次にキーワードプランナーを使って、月間検索数を調べます。
調べた月間検索数もExcelへ入力して下さい。

キーワードプランナーの使い方は以下の記事を参考にして下さい。
参考:キーワードプランナーを使ってキーワード月間検索数・クリック単価を調査する方法

関連キーワードを調査する。

次に月間検索数が多いキーワードから関連キーワードを調査します。

関連キーワードとは、Google、Yahooで検索窓へ
入力する時に出てくるサジェストキーワードになります。

以下のツールで過去に検索された
サジェストキーワードを調査することができます。

関連キーワード取得ツール
http://www.related-keywords.com/

こちらもExcelへコピーして下さい。

集めたキーワードを分類する。

次に集めたキーワードを4つの分類へ分けて下さい。

この時点でかなりの数のキーワードが集まっていると思います。
月間検索数が多い順から行って下さい。

分類 例え Google広告の出稿はどうするか? ユーザー層
今スグキーワード 商標、●●したい。 出稿しても良い。 顕在層
お悩み系キーワード ・〇〇口コミ、〇〇評価、〇〇評判、〇〇苦情、〇〇クレーム
・地域名
・比較、検討
・解決策
出稿しても良い。 顕在層
そのうち客 直接関係ないキーワードだが、将来可能性のあるキーワード やめた方が良い。 潜在層
まだまだ客 ログイン、解約・退会、キャンセル このキーワードはGoogle広告出稿する際に除外キーワードへ登録します。 潜在層

最後に、狙うべきキーワードは?

先ほど、分類したキーワードで、
今スグキーワード、お悩み系キーワードの中から選んで下さい。

価値がある情報を届けれると思うキーワードがあれば、
そのキーワードでLPを作成し広告出稿をする。

実際に検索して、他のライバル広告を見てから
自分が一番価値がある情報を届ければOKです。

地道な方法になりますが、
この方法でライバルいないキーワードを何回も発掘してきました。

ぜひお試し下さい!

続きは、無料オンラインサロン「WEB集客サロン」にて定期的に配信中!

▶無料オンラインサロン『WEB集客サロン』参加はコチラ

Pocket
LINEで送る