アフィリエイター必見!Googleタグマネージャを使ってWordPressにGoogle広告コンバージョンタグを設置する方法
Pocket
LINEで送る

ショウゴショウゴ

Googleタグマネージャーを使って、Google広告コンバージョンタグをWordPressに設置します。コレをしないと広告管理ができないので是非やって下さい!

PPCアフィリエイターをやっている方で
キーワード単位でランディングページから広告主へ遷移しているかを知るために、
Googleタグマネージャーを使ってGoogle広告コンバージョンタグを設置する方法をご紹介します。

Googleタグマネージャとは、計測タグ(Googleアナリティクス、Goolge広告コンバージョンタグ、Yahooプロモーション広告コンバージョンタグなど)を一元管理するツールになります。

Googleタグマネージャーのアカウント作成からWordPressへ設置し、
Google広告のコンバージョンタグをGoogleタグマネージャーへ設置する方法と
設置を確認する方法をご紹介します。

目次

Googleタグマネージャのアカウント作成

まずGoogleタグマネージャーのアカウントを作成し、タグを取得します。

それでは、Googleタグマネージャーのアカウント作成からタグを取得するまでを解説します。

Googleタグマネージャーを開いて【無料で作成する】をクリックする。
→ Googleタグマネージャー公式サイトはこちら

【新しいアカウントの追加】を入力する。

Googleタグマネージャー利用規約で【GDPR・・・】にチェックを入れ【はい】をクリックする。

タグが表示されますので、ご自身のWordPressへ貼付けて下さい。

これでGoogleタグマネージャーのタグを取得できました。
次にWordPressへタグを貼り付けます。

GoogleタグマネージャーのタグをWordPressへ設置する

それではWordPressを開いてください。

ダッシュボード左メニューの【外観】から【テーマエディター】をクリックする。

画面右端の【テーマヘッダー】をクリックする。

中央に【<head>】がある所へGoolgeタグマネージャーのタグを貼り付けて下さい。

下の画像は賢威テンプレートを使っています。
Googleタグマネージャーのタグを設置する場所が
画像と異なる場合がありますが、<head>と<body>を探してその下へ貼り付けて下さい。

<body>がある所へGoolgeタグマネージャーのタグを貼り付けて下さい。

最後に、【ファイルを更新】をクリックして下さい。

これでWordPressにGoogleタグマネージャーのタグを設置できました。
うまく設置ができていれば、Googleタグマネージャーへ追加するタグがWordPressへ反映されます。

それでは、次にGoogle広告のコンバージョンタグを作成します。

Google広告のコンバージョンタグを作成

Google広告のコンバージョンタグを作成します。

Google広告管理画面を開いて【ツール】から【コンバージョン】をクリックする。

【+】をクリックする。

【ウェブサイト】をクリックする。

【購入】を選択する。【コンバージョン名】に管理しやすい名称を入れる。
【コンバージョンごとに割り当てる価値を変更する】を選択する。
【続行】をクリックする。

【Googleタグマネージャーを使用する】をクリックする。

【次へ】をクリックする。

【完了】をクリックする。

これでGoogle広告のコンバージョンタグが作成できました。
次に作成したコンバージョンタグをGoogleタグマネージャーへ設置します。

GoogleコンバージョンタグをGoogleタグマネージャーへ設置

先ほど作成したGoogle広告のコンバージョンから
【コンバージョンID】【コンバージョンラベル】をコピーします。

それでは、【コンバージョンID】【コンバージョンラベル】を取得する所から説明します。

まず、Google広告管理画面を開き、【ツール】- 【コンバージョン】をクリックします。

作成した【コンバージョン名】をクリックします。

【Googleタグマネージャーを使用する】をクリックします。

【コンバージョンID】【コンバージョンラベル】をメモ帳へコピーします。

 

上記で【コンバージョンID】【コンバージョンラベル】がコピーできしたので、
次に、Googleタグマネージャーを開き設置します。

まず、Googleタグマネージャーを開きます。
【タグ】をクリックします。

【新規】をクリックします。

まず、タグ名を入力します。画面中央にある【タグの設定】をクリックします。

【Google広告のコンバージョントラッキング】をクリックします。

Google広告のコンバージョンからコピーした【コンバージョンID】【コンバージョンラベル】を貼り付けます。
【コンバージョン値】には、数字の1を入力します。

画面下にある【トリガー】をクリックして下さい。

【All Pages】をクリックします。

【保存】をクリックします。

【公開】をクリックします。

変更の送信画面になりますので、再度【公開】をクリックします。

以上の設定でGoogle広告のコンバージョンの設置が完了しました。
それでは、次にコンバージョンするタイミングを設定するトリガー設定をします。

Googleタグマネージャーのトリガーを設定(アフィリエイトリンクをクリックした時)

次に、Googleタグマネージャーのトリガー設定を行います。
設置が完了すると、Google広告から来たユーザーがアフィリエイトリンクをクリックした時にGoogle広告のコンバージョンへ反映します。

まず、Googleタグマネージャーを開きます。
左画面にある【トリガー】をクリックします。

【新規】をクリックします。

トリガーの名称を入力します。わかりやすいように案件名をオススメします。
次に【トリガーの設定】をクリックします。

【リンクのみ】をクリックします。

 

まず、トリガーの名前を入力して下さい。
【一部のリンククリック】、【Page URL】、【含む】を選択して下さい。

下の画像の右下に、アフィリエイトリンクの一部を入力して下さい。
そして最後に【保存】をクリックして下さい。

アフィリエイトリンクを入力

アフィリエイトリンクの一部を入力します。
A8の場合は、px.a8.net を入力する。バリューコマースの場合は、valuecommerce.com を入力します。

 

【公開】をクリックして下さい。

以上でトリガーの設定が完了します。

設置の確認方法は以下でご紹介します。

設置を確認する方法

アフィリエイトサイト(LP)にGoogle広告コンバージョンタグが設置しているか
確認するためにGoogleタグマネージャーの【プレビュー】機能を使います。

まず、Googleタブマネージャーを開きます。
画面右上の【プレビュー】をクリックします。

アフィリエイトサイト(LP)を開いた時に
以下の画像が下部に表示されていれば設定が大丈夫です。

プレビューモードの終了は、Googleタグマネージャーを開きます。
【プレビューモードを終了】をクリックします。

プレビューで設置が確認できれば大丈夫です。

もしプレビューモードで設置が確認できる画面が表示されない場合は、
ランディングページにGoogleタグマネージャーのタグが設置できていない可能性がありますので確認して下さい。

まとめ

これでWordPressにGoogle広告コンバージョンタグの設置が完了になります。

Google広告を使っている場合、検索クエリーを確認することで、
どのキーワードでアフィリエイトリンクがクリックされているかがコンバージョン項目で確認できます。

もしクリックがされているが、コンバージョンが0の場合、このキーワードを除外キーワードへ設定する事ができます。
これで余分な広告費が削減できますよね。

そして、これを設置することで自動入札機能を使う事ができます。

これを設置しないと広告管理がズサンになりムダな広告費を垂れ流し状態になりますので是非、設置して下さい。

もし、設置方法が難しい、設置したが上手く動作しない等、困っていましたら、設置代行を依頼するのも手だと思います。

私の方でも設置代行を出来ますので是非ご依頼頂ければと思います。

件名に「Google広告コンバージョンタグ設置代行依頼」と入力して下さい。
お名前とスカイプIDがある方は、スカイプIDを送って下さい。
→ 設置代行はコチラから

 

さらに、Google広告の運用テクニック・ノウハウを書いているメルマガを発行しています。
続きは、メルマガにて配信しています。登録は下のバナーから!

Pocket
LINEで送る