記事LPで売り込み臭0から熱量を上げ、成約を獲得するフロー
Pocket
LINEで送る

昨今では、記事LPから商品LPへ流入する手法をよく拝見します。

なぜ、商品LPへ飛ばさずに記事LPから商品LPへ流入させるか?

この方が、CVRが上がる事が多いようです。

特に潜在層へのアプローチには売り込み臭を0にした記事LPは相性が良いです。

記事LPで、商品の教育をし、購買意欲上げた状態で、商品LPへ来訪させるので、理にかなっていると思います。

しかしながら、
コピーライティングスキル、ヒートマップなどのスキルも必要でもあります。

そして、私が一番、オススメだと思う方法は、
記事LPを、作った後、客観的に見て貰える人が必要だと思います。

自身だけでは、どうしも思いこみがあり、なかなか改善事項が浮かばないものです。

それでは、「どのような流れで記事を作成すれば良いか?」分かりやすくご紹介します。

記事LPを作る際のポイント♪

記事LPを作る前に、ポイントは、

・文章の流れ、画像と年齢のギャップなど、違和感を与えたら終了
・読み手の年齢と文体デザインは合わる。
・ワンスクロールに1画像を入れる。実際スマホで見て確認して下さい。
・動画は、GIF画像にする。

そして、
読み手にストレスを掛けないことを意識して下さい。

さらに文章を書く上で、3つのNOTペルソナも必ず意識して下さい。

3つのNOTとは?
・読まない。(見ない。)
・信じない。
・行動しない。

参考記事:コピーライティングの重要な考え方!3つのNOTとは?壁を超える方法を解説

ペルソナとは?

広告主LPから、どのようなユーザーが購入するか、イメージして下さい。

それでは、実際に記事LPを書くフローを紹介します。

①ヘッダー導入部

記事LPのヘッダー部には必ず商品は紹介しないのが必須になります。

なので、商品画像はNGです。

面白そうな記事だと興味づける事が必須になります。

タイトル

タイトルは、リズムよく、数字で具体的にする事をお勧めします。

例えば、「サラバ脂肪!1か月でー5kgの酵素サプリの実力」

以上のように2フレーズぐらいに分けると、とてもリズムよく、伝わりやすいです。

しかし、「タイトルって簡単に作れない!」って方には、見つける方法をお伝えします。

できれば、普段から以下のサイトで見て置くと良いです。

Amazonで本の表紙を参考にする。

まずは、Amazonの本でターゲットが見ている表紙にのっているタイトルを見る。

特に毎月発売されている雑誌が良いです。

→ Amazon本の雑誌一覧へ

若い女性ならMERY

若い女性ならMERYで気になるワードで検索してみて下さい。

→ MERYはコチラ

お気に入りやView数の多い記事のタイトル・内容が参考になります。

①【キーワード】で検索すると検索結果がでます。
②お気に入り・View数が多い【記事のタイトル・内容】を参考にして下さい。

NEVERまとめ

他には、NEVERまとめでキーワードを検索して下さい。

→NAVERまとめはコチラ

NEVERまとめに表示されるView数を見ることで、人気タイトル、記事を確認できます。

①【キーワード】を入力して検索して下さい。
②VIEW数で人気タイトル、記事がわかる。

月額定額制の読み放題サービス

あと、オススメなのは、月額定額制の雑誌読み放題のサービスになります。

楽天マガジンだと、初回31日間が無料で月額380円(税抜)になります。

楽天ポイントで支払う事ができるので、使い道が困った場合はポイントにて支払う事ができます。

dマガジンも31日間無料で月額は400円(税抜)になります。

楽天ポイントを貯めているなら、楽天マガジンに入っておけば、毎月の雑誌の中身までチェックできるので、良いです。

ヘッダー画像

ヘッダー導入部の画像は、「悩み」、「欲求」、「衝撃な事実」をイメージできるものが良いです。

例えば、「悩み」の画像の場合、
悩みを醸しだすような画像が良いです。

毛穴コスメだと、好きな男性がキスしようと、近づいた時、「やめて!!」と心の叫びを出すような画像や、

あと、育毛案件だと

朝起きた時の枕についている抜け毛の画像とか。

欲求になると、成功した未来を醸し出すような画像が良いです。

例えば、ダイエット案件だと、ダイエット後のくびれ画像。

美白コスメだと、
きれいな肌、清潔感あふれる画像など。

そして、最後に、「衝撃的な事実」は、
「えっ!?そうだったんだ!」を醸し出す画像が良いです。

例えば、
・芸能人が使用している画像
・世間一般的に知られている機関のエビデンス

になります。

ちなみに私がお勧めする写真・イラストサイトはコチラ

→高解像度の写真素材なら【写真AC】
→無料イラストなら【イラストAC】

このサイトを私は有料で使用してます。

1年で約\12,000円で、写真AC・イラストACどちらも使えます。

そして、ダウンロードし放題なのが魅力的で有料会員になってます。

探す手間が省けるので、ホント楽ですよ♪

そして画像編集は、無料のCanvaを使って加工を施してます。

それでは、次に原因と解決策についてです。

②原因と解決策を教える

ここでは、ユーザーが悩み解決するための原因を紹介します。

その後、解決する方法を教えてます。

ただし、解決する方法には、商品を紹介はしないでください。

例えば、こんな流れになります。

太る原因は、○○が足りなかった。
○○を得るには、○○を体内にとる必要があるんです。
○○は、ダイエットに良いエビデンスを紹介する。

このように、ココでは商品で解決するよりも、
商品に含まれている成分などを紹介すると良いです。

そして、成分が有効であることを紹介します。
例えば、専門家、専門機関の証明、有名人、TVなど。。。

ユーザーに新事実を客観的に伝える事を意識すると良いです。

それでは、次に、類似品と商品との差別化について、ご紹介します。

③類似品と商品の差別化



ここでは、オファーで押す商品の類似品をまず紹介します。

例えば、

野菜なら○○を体内にとる事ができるが、
費用がかかるから、毎日できない。
しかし、この商品なら安く、簡単に○○を体内に安全に取る事ができるんです!

ネガティブ要素を含める。
商品によっては痛い、費用がかかる、時間がかかる等。

そして、ネガティブ要素を打ち消すように、商品を登場させます。

そして、この商品であれば、ネガティブ要素を打ち消す内容を打ち出してください。

④使用者の口コミ

ここでは、商品を使った口コミを紹介します。

SNSから探すか、ネット上から探してください。

最近では、広告主から頂けることもあるので、
ASPへ問い合わせしてみるもの良いと思います。

⑤最後に、商品のオファーと未来の提示

やっとここで、商品のオファーとなります。

公式サイトへ誘導するために、3つのポイントを紹介します。

広告主サイトが安価。(同じ商品で他サイトと金額を比べる。)

ここでは、広告主サイトと他で売っているサイトの価格を比較し、
「公式サイトが安いですよ♪」と誘導します。

よく定期縛りがある商品がある場合は、
定期縛りにかかるコストを出して、比較するのも良いです。

緊急性

そして、緊急性も醸し出すこともお勧めします。

よくあるのが、「在庫が残りすくない。」とか。

いま、商品を買わなかったら、損しますよ。
「得」より「損」を押し出す。

安心感

あと、返金保証がある場合は押して下さい。

購入するハードルを一気に下げると思います。

逆に、ライバル商品は返金保証がなかったなど、
ネガティブ要素も使えるので、入れて見てください。

この商品を使用した未来を醸し出す事もお勧めします。

ユーザーは、商品ではなく、悩みを解決した未来が欲しいので♪

まとめ

それでは、まとめになります。

記事LPのフローですが、

1.ヘッダー導入部「悩み」「欲求」「衝撃な事実」
2.原因と解決策を教える
3.類似品と商品の差別化
4.使用者の口コミ
5.商品のオファーと未来の提示

この流れで作っていくと、売り込み臭を0から熱量を上げ、広告主LPへ誘導できます。

多分、このブログを見ている方も、スマホを眺めていると、目に飛び込んでくるタイトル・画像に反応してタップした経験があると思います。

それは、タイトル・画像があなたにとって、魅力だったんだと思います。

コレを意識して、テストを行って下さい。

最初は、なかなか成果に繋がらない期間が長くなると思いますが、
ヒートマップ・広告文から記事LPの流れなどを見ながら仮説と改善を繰り返して下さい。

冒頭でも説明しましたが、客観的に見て貰える人が成功のカギを握ると思います。

記事LPは、Google広告、FB広告やアド広告全般に使えるLPになります。

ぜひ、活用してください。

さらに、無料オンラインサロン「WEB集客サロン」で、成約率を上げるLP作成方法、WEB広告で集客・売上UPする方法を定期的に配信中!

▶無料オンラインサロン『WEB集客サロン』参加はコチラ

Pocket
LINEで送る