Google広告 モバイルアプリ配信をすべて除外する方法
Pocket
LINEで送る

Google広告のディスプレイ広告(GDN)の配信先には、
モバイルアプリに出てくる広告にも配信されます。

この配信先ですが、商品によっては相性が悪くクリックはされるが成約に至らない事があります。

私個人の意見ですが、間違って押されている場合が多いのではと感じています。

ただ、経験上、成約に至るアプリも存在します。
その場合は、成約があるアプリのみに広告を配信する方法もあります。

今回は、アプリ配信したが全く成約がなかった方に
アプリ配信を除外設定する方法を解説して参ります。

プレースメントでアプリ配信を除外する方法

以前は、一回の設定で出来た時があったのですが仕様変更でなくなってしまいました。

現在ではプレースメントで【アプリのカテゴリ】を選択してアプリ配信を除外する方法がありますので紹介します。
まずは、Google広告管理画面を開いて除外設定したいキャンペーンを選択します。

①【プレースメント】をクリックします。
②【除外設定】をクリックします。

次に除外設定の新規作成を行います。

①ペンアイコンをクリックする。

①【プレースメントの除外リストを追加する】を選択します。
除外リストを使用する場合は、
【プレースメントの除外リストを使用】を選択して下さい。

②除外設定の追加先を選択します。
【アカウント】【キャンペーン】【広告グループ】から選択できます。
今回は、【キャンペーン】を選択し、
右側の選択から追加先のキャンペーンを選択します。

 

【アプリのカテゴリ】をクリックします。
表示するカテゴリ141個にすべてチェックを入れます。

全てチェックを入れます。
チェックを入れると右側に追加されます。
141個を数が多いですが、全てチェックを入れて下さい。

【保存】をクリックします。

 

除外設定した内容が表示する。

以上でアプリ配信を除外する設定が完了しました。
141個と数がかなり多いので大変ですが、3分ほどで出来ますので頑張ってください。

除外設定したカテゴリを削除する

除外設定したが、間違って登録してしまった場合には、
【除外設定】画面を表示して削除を行います。

次に除外設定の削除方法を説明します。
削除したいカテゴリにチェックを入れた後、【削除】をクリックする。

この操作で簡単に削除ができます。

まとめ

如何でしたでしょうか?

除外設定するのに、すごい手間だと思いながら作業をしたと思います。

しかし、余計な広告費を払わなくて済むと考えると、すごく簡単な事だと思いません?

浮いた広告費を成約している配信先に費やすことで、更に成約数を伸ばす事ができると思うんですね^^

カテゴリに属さないアプリ

この141カテゴリに属さないアプリも「今後出てくるかも?」なので、
定期的にアプリへ配信されていないかチェックして下さい。
そのアプリを除外する場合は、【アプリ】を選択してアプリのURLを入力して除外設定して下さい。

ぜひお試しください。

さらに、無料オンラインサロン「WEB集客サロン」で、成約率を上げるLP作成方法、WEB広告で集客・売上UPする方法を定期的に配信中!

▶無料オンラインサロン『WEB集客サロン』参加はコチラ

Pocket
LINEで送る