ScreenPressoダウンロードと使い方を徹底解説
Pocket
LINEで送る

スクリーンショットはWindowsでも標準についていますが、さらに機能が充実しているスクリーンショットツール【ScreenPresso(スクリーンプレッサー)】をご紹介します。

Windows10標準では、Shift+Windowsキー+S を同時に押すとスクリーンショットする領域を選択してキャプチャーします。ScreenPressoならキャプチャーした画像を編集するツールがあり簡単にカッコいい画像に仕上がります。

ショウゴショウゴ

このブログの画像も殆どがScreenPressoを使ってます。

このツールは無料と有料があります。無料版でも充分です。今回ダウンロードから使い方までご紹介いたします!

ScreenPressoダウンロードとインストール

まず、ScreenPresso公式サイトを開きます。

→ 公式サイトはコチラ

【スクリーンプレッサーを無料で入手】をクリックする

【Screenpressoをダウンロードする】をクリックする

【スキップ】をクリックする

画面下左側のファイルをダブルクリックする

【同意します】にチェックを入れる
【コンピューターにインストール】をクリックする

インストールが完了したら
タスクトレイにアイコンが表示する

ScreenPressoの使い方

 

スクリーンショットの撮り方

アイコンを右クリックすると画面が表示する

スクリーンショットの種類とショートカットキー

・指定領域のスクリーンショット【Print Screen】
マウスドラッグで囲んだ領域をキャプチャする。

・全画面のスクリーンショット【Shift + Ctrl +Alt + Print Screen】
デスクトップ全体をキャプチャする。

・スクリーンショット起動を遅らせる
このコマンドを選択した後、3秒待ってから領域をキャプチャする。

・自動スクロールを使ってスクリーンショット【Win + Shift + Print Screen】
スクロールが必要な縦長のページをキャプチャする

・アクティブウィンドウをキャプチャする場合は、ショートカットキーのみ実行できます。
 【Alt + Print Screen】

※テキストのコピー(OCR)、カラーピッカー、アンドロイドセンターは有料版のみ使える機能です。

スクリーンショットを行うと、以下の画面にキャプチャ画像が保存されます。

 

画像を編集する

編集を行うには?

編集したい画像をダブルクリックします。

ダブルクリック後に編集画面が表示します。

 

編集画面で追加できる画像

編集画面で追加できる画像

指定した画像は、マウスで移動することができます。
端の部分に表示する支点をドラッグする事で拡大/縮小することもできます。

追加した画像のフォントサイズ、色を変更

追加した画像をダブルクリックするとパラメーターを調整する画面が表示します。

調整できるパラメーター
  • フォント
  • テキストの色
  • フォントサイズ
  • 透過性
  • グロー(発光エフェクト)
  • 塗りつぶし
  • 線の幅
  • 線の種類
  • 角の丸み

調整できるパラメーターは各画像で異なります。

保存を行う

編集が終わったら、ツールバーにある【別名で保存】をクリックします。

まとめ

今回、紹介したScreenPresso(スクリーンプレッサー)は無料版になります。無料版でも十分使える機能が揃っています。

ぜひ、あなたが伝えたい事を画像に追記すれば、とても分かりやすく伝える事ができますよ♪

私も無料レポート・ブログを作成する際には使っています。今までは、EXCELで文字を追加していたのですが、

ScreenPressoを使うことで作業時間が、半分に短縮されました。

ぜひ、使って見て下さい。

ショウゴショウゴ

このツールがあればスクリーンショットから画像に少し付け加える事が凄く楽になりました。

Pocket
LINEで送る