リスティング広告とは?メリット・デメリットをわかるやすく紹介
Pocket
LINEで送る

インターネットを利用している方が
一番目にしているのがリスティング広告だと思います。

ネットで検索した結果の上部にでている広告をリスティング広告といいます。
このリスティング広告は、誰でも安価で始める事をご存知でしょうか?

実は、リスティング広告を利用し安価で自身のサイトへ誘導して、
購入・予約・問い合わせ、来店、リスト取りなどに数多く利用されています。

それでは、リスティング広告の事、費用面とメリット・デメリットをご紹介します。

リスティング広告とは?

リスティング広告とは、Google、Yahooで検索結果の
上部と下部にでる広告をリスティング広告と呼びます。

検索窓に入力したキーワードを元に広告を表示します。
別名「検索連動型広告」と呼びます。

代表的なリスティング広告は、
・Google広告のGoogle検索広告(GSN)
・Yahooプロモーション広告のスポンサードサーチ(SS)

他にも、レモーラリスティングJWord検索サービスなどがあります。

メインで使用するのは、Google広告かYahooプロモーション広告をお勧めします。

リスティング広告とPPC広告の違いを解説!

PPC広告とリスティング広告を同じだと思っている方がいますが、

実は、同じではありません。
リスティング広告は「検索連動型広告」で検索結果に表示される広告の事を指します。
PPC広告は、クリック課金型広告の事を指します。

まずは、以下の図を参考にしてください。

リスティング広告はクリックされた時に費用が発生する
クリック課金型広告になりますのでPPC広告の一種ということになります。

リスティング広告にかかる費用は?

リスティング広告は初期費用が0円でクリック課金型広告になりますので、
クリック数とクリック単価にて広告費が計算されます。

リスティング広告にかかる費用の計算

クリック単価は、最低1円から2,000円を超える場合もあり全て同じ単価とはなりません。
キーワード単位でクリック単価が変わってきます。

クリック単価を具体的に調査するには、
Googleキーワードプランナー、Yahooキーワードアドバイスツールを利用します。

リスティング広告を使うメリット

成約しやすいユーザーを集客できる。

リスティング広告は、ユーザーが検索したキーワードに対して広告を出せます。
検索しているという事は、ユーザーは何かを探している事になります。

例えば、近くでオシャレな美容院を探している女性がいる場合に、

上記の例のように、購入・予約・問い合わせ、来店、リスト取りなど、成約に繋がる広告が出せます。

自身のサイトへ誘導できるので、
ポータルサイトのように比較されてしまって
ユーザーが逃げると行った事も避けれます。

新聞広告や看板広告だと、見込み客だけに広告を出すということは難しいですが、
リスティング広告なら見込み客へ広告費を使う事ができます。

低予算から始められる。

リスティング広告は、1クリックされると広告費が発生します。
初期費用は0円で、1クリックの単価を1円~9999円まで自由に設定できます。

1日の予算を設定ができ1000円ぐらいからでも始めることができます。
最初に纏まった広告費が必要ではなく、短期間だけでも広告が出稿できます。

新聞やチラシなど、まとめて月何万円払わずに、
現状に見合った予算で広告が出せる魅力があります。

誰でもすぐに広告が出せる

Google広告、Yahooプロモーション広告のアカウントは、
サラリーマン、主婦、個人事業主、法人など誰でも作成することができます。

いま自身のサイトを持っているなら、
2日あれば広告が出稿でき、広告の掲載順位も1位に出す事ができます。

ターゲットへ広告配信できる

広告配信先を指定して配信出来ることができます。

・地域限定の広告配信
・性別、年齢を限定して広告配信
・スケジュールで配信

などできます。自身のお客様がどういった方向けなのか
予め分かっていれば、ターゲットに向けて配信する事ができます。

さらに成約(売上)を上げる広告運用ができる!

ここがリスティング広告の最大のメリットではあるのですが、
成約(売上)を伸ばすために、
キーワードを追加反応が良い広告へ変更など行いテストします。
サイトも反応が良い内容に修正したりするテストを繰り返します。

テストを繰り返す事で売上を上げる事ができます。
ただこれをするには、それなりの経験値が必要になってきます。

いきなり初心者が簡単にできる事ではないので
コンサルを受けるか、専門家に任せるかをお勧めします。

リスティング広告のデメリット

 

セール実施中の告知など認知力を広げる事は難しい


リスティング広告は、「検索する。」事で広告が掲載されます。
関心がある人向けには、とても向いている広告になります。

しかし、「関心を持ってもらいたい。」場合は、相性がよくありません。
例えば「セール実施中!」を告知したい等。
そういった場合は、ディスプレイ広告/SNS広告をお勧めします。

まとめ

リスティング広告は、WEB広告で一番成約率が高い広告になります。
しかも低予算で誰でもアカウントを開設すれば始める事ができます!

SEOとは違い、自身のサイトを掲載順位1位へ表示する即効性が売りです。

以前、コンサル生が、
「こんな安価で自分の広告が1位になるなんて。」と驚いていました。

私も、リスティング広告を開始当初そう思いました。

SEOだとGoogleがアルゴリズムを定期的にアップデートします。

その度に、自分のサイトが1ページ目に表示していたのが、
2ページ目になったりとアクセス(売上)が安定しない事があるんですね。

しかし、リスティング広告だと、
自分で広告順位を安価でコントロールができます。

そしてリスティング広告では、
データを確認しながら売上を上げる施策ができます。

リスティング広告は広告データを貯めて自分で活用できる。
そして広告データから売上を伸ばす施策ができるのが
リスティング広告の最大のメリットになります。

この広告運用は、コンサルを受けて自分のスキルを磨くか、
広告運用の専門家に託すことをお勧めします。

ぜひ、リスティング広告を使って即効で成果を上げて頂けばと思います!

さらに、リスティング広告の運用テクニック・ノウハウを書いているメルマガを発行しています。
続きは、メルマガにて配信しています。登録は下のバナーから!

Pocket
LINEで送る