広告ランクと品質スコアの関係とは?利益を伸ばすポイント解説!
Pocket
LINEで送る

利益を上げるためには売上を上げないといけませんよね?
Google広告でいうと、売れる仕組みを作れば、キーワードの掲載順位を上げると売上があがります。
掲載順位が上げると、クリック数があがるからと言う理由です。

それでは、掲載順位を1位に上げたい場合どうしますか?
一番てっとり速い方法が、上限クリック単価を上げるだけなんです。

例えばチラシ広告でも一番大きい枠は、一番広告費を支払っています。
これって常識の考え方だと思いますが、
実は、Google広告は、上限クリック単価をライバルより高くしなくても掲載順位をあげる事ができます!

上限クリック単価だけで掲載順位が決定するのではなく、
広告ランク/品質スコアが掲載順位に大きな影響を与えます。

それでは、広告ランク/品質スコアとはなにか?
どうやって掲載順位が決定されるか?
そして利益を伸ばすポイントを、ご紹介いたします。

広告ランクとは?

広告ランクはGoogle広告の独自の指標で、掲載順位を決定する基準のランクになります。

広告ランクは、以下の式で決定されます。

広告ランクの計算

【上限クリック単価】×【品質スコア】 = 【広告ランク】

・上限クリック単価とは?
 キーワード単位(広告グループ単位)のクリック単価
・品質スコアとは?
 後ほど説明しますが、広告などの品質になります。

この式から、お分かり頂けると思いますが、
上限クリック単価品質スコア広告ランクが決定されます!

そして広告ランクが高いほど掲載順位に良い影響を与えます。

もし掲載順位を上げたい場合、どちらか一方を上げると掲載順位が上がると言うことになります。

資金に余裕があれば、上限クリック単価をあげると良いですが
広告掲載している商品単価を上回ると赤字になります。

しかし品質スコアを上げれば赤字にならず掲載順位があがります

できれば上限クリック単価を上げずに、
品質スコアを上げた方が良いと言うことは、分かりますよね。

それでは次に、品質スコアの仕組みについて説明します。

広告ランクを確認するには?

この広告ランクは、Google広告の管理画面には表示されず、
広告のオークション時にGoogleで計算されますので現段階では確認する方法はありません。

品質スコアとは?

品質スコアとはキーワードと広告との関連性がユーザーにとって利便性が高いのかを表す指標になります。

品質スコアキーワード単位でもっており、
1~10段階に分かれ、一番良いのが10になります。

品質スコアは、Google広告の管理画面で確認する事ができます。

品質スコアは、最低6以上はないと、掲載されない場合が多いで
キーワードを登録する際は、必ず品質スコアを意識して管理して下さい。

それでは、品質スコアが決定されるポイントを紹介します。

品質スコアを決定するポイント

1.広告のクリック率
2.表示URLの過去のクリック率
3.広告と検索語句との関連性
4.ランディングページの利便性
5.地域別の掲載結果
6.ターゲット地域でのアカウントの掲載結果
7.ターゲットでデバイスごとの掲載結果

この7つの条件が良ければ、品質スコアが高くなります。

参考:品質スコアを改善する方法とは?

それでは、次に広告ランクと品質スコアの関係を具体的に紹介します。

広告ランクと品質スコアの関係と掲載順位をあげる方法

掲載順位は、広告ランクが高いほど上位に表示します。

広告ランクを決定する式は、以下でした。
【上限クリック単価】×【品質スコア】 = 【広告ランク】

この式をみると、上限クリック単価を上げれば、必ず広告ランクがあがります。

しかし、品質スコアが悪ければ、どんなに上限クリック単価を上げても掲載順位が上がらない場合もあるんですね。

それでは、具体的な事例で説明します。
検索キーワードが「ダイエット サプリ」で広告を出しているA社とB社の2つの会社が広告を出した場合、
Google広告では、以下のように広告ランクを決めています。

上限クリック単価 品質スコア 広告ランク 掲載順位
A社 100円 7 700 1位
B社 130円 4 520 2位

広告ランクが高い方が掲載順位が上ですので、A社が1位になります。

それでは、B社が掲載順位を1位にしたい場合どうするか?
・上限クリック単価を上げる。
・品質スコアを上げる。

この2つを改善すれば掲載順位はあがります。

それでは、B社の上限クリック単価を130円→180円と50円上げた場合は、
B社の掲載順位が1位になります。

上限クリック単価 品質スコア 広告ランク 掲載順位
A社 100円 7 700 2位
B社 180円 4 720 1位

A社の広告ランクが700、B社の広告ランクが720となり、B社の掲載順位が1位になります。

しかし、上限クリック単価が上がった事で広告費は高くなり、
CPA(1件のコンバージョンにかかる広告費)が上がります。

例えばB社が扱っている商品の報酬単価が5,000円でCVRが5%だった場合に
上限クリック単価が130円と、180円の時のCPAと利益を比較してみます。

B社 CPA 1件あたりの利益
上限クリック単価が130円 130円×(100÷5)=3,250円 5,000円-3,250円=1,750円
上限クリック単価が180円 180円×(100÷5)=4,500円 5,000円-4,500円=   500円

掲載順位が上がるとクリック数は上がって売上は伸びますが、
利益で見ると変わらない場合があることも上記でわかると思います。

上限クリック単価だけ上げると、

上限クリック単価をあげると?

1.上限クリック単価を上げると掲載順位は上げる。
2.掲載順位が上がるとクリック数が増えて売上が上がる。
3.上限クリック単価を上げるとCPAが上がり利益を圧迫する。

せっかく掲載順位を上げたが、利益が出ないと意味がありませんよね?

それでは、上限クリック単価はそのままで、
品質スコアを4→6へ上げるとどうでしょう?

上限クリック単価 品質スコア 広告ランク 掲載順位
A社 100円 7 700 2位
B社 130円 6 780 1位

A社の広告ランクが700、B社の広告ランクが780となり、B社の掲載順位が1位になります。

品質スコア4から6へ改善すれば掲載順位が1位になります。

これであれば、上限クリック単価をあげた場合に比べると、
CPA(1件のコンバージョンにかかる広告費)を抑える事ができます。

掲載順位があがった事でクリック率が上昇していますので、売上はあがります。

品質スコアを上げる事で良い傾向が生まれます。

品質スコアを上げたら。

1.上限クリック単価はそのままで掲載順位が上がる。
2.掲載順位が上がればクリック数は増えて売上が上がる。
3.上限クリック単価がそのままなのでCPAを抑え利益が伸びる。

品質スコアを上げる事は、自分の利益を上げるため必要な改善するポイントなんですね。

まとめ

品質スコアと広告ランクで掲載順位が変わって利益に直結する事がお分かり頂けたでしょうか?

Google広告(Yahooもですが。)は品質スコアを改善することで利益を伸ばす事が可能なんですね。
ここが出来る人と出来ない人では、利益が全く変わってきます。

下手にやると、「広告費だけかかって赤字でした…」って、かなり損している場合があります。
実は、改善するポイントがあって、見過ごしている事ってあります。

実際に品質スコアを改善するポイントは、広告運用がうまい人に聞くのが一番なんですね。

広告運用がうまい人は、
最初は品質スコアに拘らず、まずは売上を伸ばす!
その後、利益を伸ばすために品質スコアの改善をしてますよ。

ぜひ参考にしてくださいね♪

あと品質スコアを上げるポイントをマトメた記事がありますのでこちらも参考にして下さい。
参考:品質スコアを改善する方法とは?初心者でも簡単に改善する方法

 

 

さらに、WEB広告を10年以上運用し、そのノウハウを書いているメルマガを発行しています。
続きは、メルマガにて配信しています。登録は下のバナーから!

Pocket
LINEで送る