Google広告ディスプレイ広告(GDN)とは?使えるターゲティングを紹介!
Pocket
LINEで送る

ディスプレイ広告とは、バナー、動画、テキスト広告で
様々サイトの広告スペースに表示するタイプの広告になります。

Google広告ではGDN、
Yahooプロモーション広告では、YDNが
ディスプレイ広告にあたります。

リスティング広告と同じで
クリック課金型の広告になります。

リスティング広告は、検索したユーザーへ広告を配信する顕在層向けの広告です。

ディスプレイ広告は、様々な提携サイトの広告スペースに広告を出します。
バナーを使って興味を抱かせユーザーを訪問させる潜在層向けの広告になります。

さらに、一度あなたのサイトに訪問したユーザーのみに
配信できるリマーケティング広告があります。
こちらは顕在層向けの広告です。

GDNには、様々なターゲティングがあります。
それをかけ合わせて配信することで広告効果を向上する事もできます。

それでは、GDNとターゲティングについて紹介します。

GDNとは?

GDNはGoogle広告のディスプレイ広告になります。

例えば以下画像のライブドアの広告スペースに配信されます。

そしてYoutubeではバナー広告・テキスト広告が配信します。

GDNの主な提携サイトは、
Youtube、Gmail、goo、価格.com、ライブドア、
BIGLOBE、mixi、アメブロ、pixiv、食べログなどあります。

ユーザーが頻繁に見ているサイトが多いので配信ボリュームが多いのが特徴です。

認知拡大が、手軽に出来るのでオススメのWEB広告になります。

GDNのターゲティングについて

GDNのターゲティングには、大きく分けて2種類があります。
・「人」に対してターゲティングする。
・「面」に対してターゲティングする。

これらのターゲティングを組み合わせることも可能で、より絞った広告配信ができます。

それでは、次にそれぞれのターゲティングについて説明します。

人をターゲティグ

リマーケティング(類似ユーザー)

あなたのサイトへ訪れたユーザーをリスト化し、
そのリストへ再度、広告を配信できます。

一度、あなたのサイトへ訪れているので、
見込み客になる確率があるユーザーと言えます。

通常のターゲティングとくらべ比較的、成約が良い配信方法になります。

リマーケティング広告は大きく分けて2種類あります。
・検索リマーケティング
・ディスプレイリマーケティング

さらに一度サイトへ訪れたユーザーをリストに溜めて、
組み合わせたりしたり、類似ユーザーへ広告を配信する方法もあります。

参考:リマーケティング広告を始め方と効果的に使うリスト組み合わせを紹介

インタレストマッチ

ユーザーの興味関心に合わせて広告を配信します。

インタレストマッチは、2つのターゲット手法から選択します。

・アフィニティカテゴリ/カスタムアフィニティ
・インテント/カスタムインテント

アフィニティカテゴリ/カスタムアフィニティ

ユーザーのライフスタイル・趣味・好みをターゲティングすることができます。
「スポーツ、フィットネス」、「テクノロジー」、「買い物好き」などあります。
選択できるカテゴリは、Googleが用意したものになります。

こちらはカスタムアフィニティに比べると
長期的に興味・関心があるターゲットになります。

認知拡大に向いている広告になります。

参考:GDNアフィニティカテゴリとは?設定手順と活用方法

カスタムアフィニティは、キーワード・URLを5つ以上入力し、
システムが最も近い興味・関心を持つユーザーへ配信します。

アフィニティカテゴリで配信したいカテゴリがない場合にコチラを使います。

インテント/カスタムインテント

まずインテントとは?
購買意向の強いユーザー層という意味になります。

アフィニティカテゴリよりCV獲得が期待できるターゲティングになります。

あなたの商品に似たものを調べたり、
購入を検討している段階のユーザーへ配信したい場合に効果を発揮します。

該当するカテゴリの購買意欲が高いユーザーへ広告を配信します。
選択できるカテゴリは、Googleが用意したカテゴリになります。

カスタムインテントは、キーワード・URLを15個程度入力し、
システムが最も近い興味・関心を持つユーザーへ配信します。

参考:GDNカスタムインテントを使ってCV獲得する手順を紹介

デモグラフィックターゲティング

デモグラフィックターゲティングは、
ユーザー属性の「年齢・性別・子供の有無・世帯収入」を
絞り込む方法になります。

このユーザー属性を絞る事で、明らかに
配信したくない層には配信しなくて良くなります。

「不明」の扱いについては、テストをしながら
配信するかしないか判断した方が良いでしょう。

ちなみに、「不明」層とは、若年層・高年齢層・お金が無い層など言われています。

そして、「子供の有無」の判別方法は、
親と子供が共用で使っている場合が挙げられます。

例えば、「アンパンマン」をYoutubeで見せている等、
明らかに子供向け関連を見ている場合になります。

商材に併せて絞り込みをすればよいでしょう。

面をターゲティグ

コンテンツターゲティング

コンテンツターゲティングでは、設定したキーワードに関するサイトへ広告配信ができます。

特徴は、配信ボリュームが多く、クリック単価が低いです。

そして潜在層向けになりますので、CV獲得には向いていません。

他のターゲティングで成果を出し、さらにCV獲得を出すために、
コンテンツターゲティングでクリック単価を安くだすのも良い方法です。

参考:GDN コンテンツターゲティングで潜在層から新規ユーザーを発掘する方法

トピックターゲティング

コンテンツターゲティングではキーワードで絞ってサイトへ配信しますが、
トピックターゲティングは、Googleが用意したトピックを選択し、関連するサイトへ広告を配信します。

特徴は、配信ボリュームが多く、クリック単価が低いです。

そして潜在層向けになりますので、CV獲得には向いていません。

トピックを選択し配信するので意外に反応があるサイトを知る事ができます。

参考:GDNトピックターゲティングの特徴と設定方法と効果的に使う方法

プレースメントターゲティング

プレースメントターゲティングは、指定したサイトへ広告を配信/除外できます。

プレースメントターゲティングを活用すれば、
成約数(売上)を伸ばし無駄な広告費を削減できます!

参考:GDN プレースメントターゲティングを使って成果向上を狙うポイント解説

GDN広告効果を高める「人」×「面」の掛け合わせ

「人」と「面」をかけ合わせて広告効果を最大限に上げるには、
興味がある人、興味に関するサイトで掛け合わせると良いでしょう!

例えば、「人」が美容に興味がある女性で、
「面」が美容関連サイトに広告を掲載すると成約される確率はあがります。

さらに一度訪問したユーザーへ再度配信する
リマーケティング広告を使ってユーザーへ
アプローチする方法ができます。

他にもターゲティングの掛け合わせがありますので活用してください。

GDNを運用するポイント

まずGDNをはじめるには、
1.ノンターゲティングで始める。
2.「人」×「面」をかけ合わせるターゲティングで始める。

この2パターンあります。
ノンターゲティングとは、配信を絞らずに配信する方法になります。

大衆受けするものでしたら、ノンターゲティングでいいですが、
大衆受けしないものを広告配信するのであれば
ターゲティングした方がよいでしょう。

そして、ある期間運用をして
反応が薄い「人」・「面」を除外設定していき
最終的には成約があるターゲティングが
残るといった方法が広告効果が発揮する運用方法になります。

ある程度広めに配信してから
反応がある所まで狭めて配信するイメージになります。

まとめ

GDNについてどうでしたでしょうか?

リスティング広告より多少難しいと思ったかも知れませんが基本同じです。

部分一致で広く探って、完全一致で絞って、
除外設定で配信しない広告運用に似ています。

そして、GDNも広告のクリック率で品質スコアが変わってきます。

品質スコアはGDNの場合、管理画面上に表示しませんが
クリック率は最低0.1%以上を目指すとよいでしょう。

ちなみにリスティング広告のクリック率は最低1%以上は欲しい所です。

ぜひ、参考にして下さい

さらに、Google広告の運用テクニック・ノウハウを書いているメルマガを発行しています。
続きは、メルマガにて配信しています。登録は下のバナーから!

Pocket
LINEで送る